×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

▼フォルクスワーゲン・ポロ1.6スポーツライン、買っちゃいました!

フォルクスワーゲン・ポロ。買っちゃいました。ふだんは通勤に使っていますが、お休みの日ともなればもちろんドライブ。カレよりポロ。フォルクスワーゲン・ポロに夢中です。

この前の日曜日は、開通間もない新名神高速道路を走ってきましたよ。一路、鈴鹿サーキットに向ってGOです。これまで、京都・大津から鈴鹿方面にクルマで行くには、名神高速道路の栗東インターを降りて国道1号線を走るしかありませんでした。渋滞もひどく、トラックも多い1号線はあまり好きな道じゃなかったんです。でも、新名神も開通したことだし、何よりも愛車ポロといっしょに初めてのロングドライブ。ドキドキわくわく。

さて、フォルクスワーゲン・ポロについてちょっと説明してみましょう。わたしのポロ、グレードはポロ1.6スポーツライン/Polo1.6Sportline。色はもちろんフラッシュレッドです。赤色のポロオーナーは特に女性が多いようですね。ディーラーで初めてポロを見たときは、ベーシックなポロ1.4コンフォートラインでいいかな…とも思ったのですが、試乗したポロ1.6スポーツラインのきびきびとした走りに魅了されてしまいました。エンジンは105馬力。トルクは15.1キロ。新型のホンダフィットには馬力では劣るものの、トルクが太いのでフィーリングも一味違います。

▼フォルクスワーゲン・ポロ1.6スポーツライン、高速もワインディングロードも最高!

フォルクスワーゲン・ポロ1.6スポーツラインは、何と6速トランスミッション。ATなのに、MT車みたいにドライバーの好み変速できるティプトロニックが付いています。ティプトロニックは、はじめは恐る恐る使っていましたが、慣れるとちょっとしたスポーツ走行が楽しめますね。ストレスなくスムーズに反応してくれるのにはびっくり。カチッと思いに応えてくれます。

さて、新名神高速道路。名神の草津ジャンクションから入り、まずは土山サービスエリアへ。道路幅が広く感じられるのは、路肩、エスケープゾーンが広くとってあるからなのでしょうか。勾配もほとんど感じられず、しかもカーブが少ないのには驚きです。土山サービスエリア自体はたいへん広い施設ですが、さすがに休日のトイレは行列ができるほど。トイレ休憩なら、手前の甲南PAのほうが混まない分いいかもしれません。わたしは、国道1号線の鈴鹿峠のループがお気に入り。でも、新名神は鈴鹿峠をトンネルで一気に抜けていきますよ。ヘッドライトを点灯しなくていいほど明るく、幅も広々としたトンネル。

フォルクスワーゲン・ポロ1.6スポーツラインものびのびと加速してくれます。一般道では固めの乗り心地がちょっと気になるかもしれませんが、高速やワインディングロードは楽しいですね。あっという間に130キロぐらい出てしまいますので、スピードの出しすぎには注意しましょう。

▼フォルクスワーゲン・ポロ1.6スポーツラインが感じさせてくれる幸せ!

新名神の草津から鈴鹿の区間は、休憩をとらなければ30分程度で走れます。今までは何だったんだろうと思うくらい。時間にして三分の一程度でしょうか。これからは名古屋方面には新名神を走るクルマが増えて、名神の渋滞も少なくなると思います。

さてさて、肝心のフォルクスワーゲン・ポロ1.6スポーツラインの燃費。一般道の走行では12キロから13キロ程度。高速道路では18キロ近くまで伸びます。実用燃費でもポロ1.6スポーツラインは優等生ですね。ガソリンはプレミアムです。2500回転を目安に運転すると、燃費はもっとよくなるかもしれませんね。

ポロ1.6スポーツラインの車体自体はボディの剛性が高く、がっしりと安定感があります。ドアを閉めるときの音も、高級車のような重みがありますよ。エクステリアは特に気に入っているところ。バックミラーの形には違和感がありましたが、今となってはさほど気になりません。インテリアでは、リクライニングのダイヤルがもどかしいものの、安全性へのフォルクスワーゲンの思想が感じられます。インパネのスイッチ類も国産車にはない味わい。ヘッドライトもダイアルですから。それから、もっともお気に入りの点は、インパネのイルミネーション。レッドの針に紫がかったブルーのバッグライトが浮かび上がり、夜のドライブを楽しくしてくれます。フォルクスワーゲン・ポロ1.6スポーツライン。乗っていて楽しい…、幸せを感じさせてくれるクルマですね。

【楽天VIDEO 会員は無料】 フォルクスワーゲン ポロ GTI [試乗レポート]
ゴルフと人気を2分するポロにターボエンジンを搭載した、ポロGTI。「力強さがまとう、洗練された美しさ」をキーワードに、安全、走行性能、快適性、そのすべてに妥協することなく開発され、まったく新しいプレミアムコンパクトを目指して作られた。歴代ポロ最強となる150馬力を発揮する1.8リッターターボエンジンを搭載。ゴルフGTIと共通するイメージを採用した小型スポーツモデルです。

Copyright © 2008 フォルクスワーゲン・ポロに夢中!Poloと一緒にどこいこう!